2012年3月26日月曜日

感受性



【身体の痛みの感受性】



【心の痛みの感受性】



この仕事をしているとつくづく思うことです。

謎だらけ。







身体の痛みの感受性・・・

その方の年齢や筋肉の張り具合に合わせて力加減は調整しているわけですが、痛みを強く感じる人、全く痛みを感じない人。




痛みはどこから出しているのか?

沢山の書籍を読みましたが、未だ確信がありません。

単なる神経のセンサーと考えるべきか、心または脳と密接に作り上げられるものなのか・・・

そもそも、一体感受性の差はどこから生まれてきているのか? 

(身体と心にも耐性があるのは十分理解しています。)

謎だらけ。


コントロールできればね~ みなさんそう思いません???


患者さんには『感受性はみなさんそれぞれなんです。』

なんて簡単に言っていますが、痛みの耐性はコントロールできないんです。




『皮膚は考える』なんかもワクワクして読んだ本のひとつですが、

脳からの司令が無くとも皮膚は耐性を持つわけです。

面の皮と足の裏の皮膚感が違うのは当たり前です。

あっつい物が冷たく感じたり・・・またその逆もあります。

敏感なのにアバウトにできている、人間の身体って不思議です。




心の痛みの感受性・・・

これまた誰一人同じ人いません。

またゆっくり語りたい私のテーマのひとつです。






地域の方に心を込めて健康づくりをお手伝い



↑記事へのいいね

0 件のコメント:

コメントを投稿