2012年2月20日月曜日

新型うつ病


従来のうつ病とはタイプが異なる「新型うつ病」が精神科医の間でも注目されているが、
この病気は精神病ではなく、首が原因で治せると主張する
「日本新型ウツ病学会」が昨年2011年12月に発足、
12年1月26日に記者会見を開いた。





 学会理事長に就任した松井孝嘉・東京脳神経センター理事長 (脳神経外科) は
「首からの新型うつ病の最も典型的な患者は皇太子妃の雅子さまではないでしょうか。

毎年3万人超の自殺者の多くもこの病気であり、
精神科では治らない」と早期の対応の必要性を訴えた。

松井さんによると、交通事故などの外傷のほか、パソコンや携帯電話の普及で、
うつむき姿勢の生活が増えたため、首に負担がかかり、
頸筋の異常から自律神経を介してさまざまな身体症状が現れる。

松井さんはこの病気を「頸筋症候群」と命名した。
主な症状は頭痛、めまい、微熱、疲労感、ドライアイ、胃腸障害などで、
患者さんはいろんな診療科を回り、十数種類もの病名がつく。

気分の落ち込みや不安、やる気の喪失などが加わる「頸筋症うつ」になると、
心療内科や精神科ではうつ病と診断して抗うつ薬を処方するが、
根本原因の首の治療がないためほとんど回復しない。

首からくる新型うつ病(頸筋症うつ)は、従来のうつ病にくらべて、
身体症状の訴えが多く、症状の波があり、気圧が下がると悪くなるなどの特徴がある。

また、治らないことからの不安や絶望気分から自殺の率は従来のうつ病の数倍も高い。

松井さんは重症者に対して低周波治療や電気鍼治療を実施しており、
患者さんの8、9割は、うつ症状が3週間、身体症状は3カ月以内に消える、という。

「間違った治療によるむだな医療費、自殺者を減らしたい」と、学会設立を思い立った。

 松井さんは、雅子さまの症状に関しては、
微熱や風邪症状、天候による変化、のどの渇きやめまい、疲れやすい、
不安感などが報道されていることから、典型的な首からの新型うつ病であり、
精神科治療では治る見込みがないことを医師団に指摘したことも明らかにした。

同学会は脳外科医、神経内科医、内科医ら約80人が参加、
事務局は東京都港区虎ノ門4丁目の東京脳神経センター内。

 (医療ジャーナリスト・田辺功)

Jcastニュース記事より

地域の方に心を込めて健康づくりをお手伝い

0 件のコメント:

コメントを投稿