2012年2月22日水曜日

春はすぐそこ


なんだか暖かい日が続いて、春の気配がちらほら感じる今日この頃。

我が家は一足早く、心配だった息子の高校受験も終わりを告げました。

息子の頭の中は、もう桜満開なことだろう。


小山ゆうえんち~♪

桜金造の往年のギャグが頭をよぎる。




ボクは戦争を知らない子供たち。

息子は受験戦争を知らない子供たち。 となった。


現在の競争社会の世の中で必死に勉強した行為は今後何かに結びつき、最も重要な人生経験の一つになるのだろう。

人生で初めて、いやいや15才にして、もっと言えば同級生全員が同じ条件で社会の厳しさを味わう瞬間、それが受験なんだろう。



安堵の心の中に厳しさの経験が中途半端ではなかったろうか?

安全な道を選んでよかったのだろうか?


ボクの心の中の戦争はまだ終わらない。




地域の方に心を込めて健康づくりをお手伝い

0 件のコメント:

コメントを投稿